太陽光発電は変換がポイント

太陽の光が太陽光発電のパネルで集められそれが電気の元になる。

でも実はただ太陽光発電のパネルに太陽の光を集めるというだけでは、電気として利用できないのです。

この集められた電力は直流電力です。

住宅では直流電力は利用できませんので、「交流電力」にする必要があります。

ではどうして集めた太陽の光を住宅で利用できる電気にできるのか>というと、変換するための機器「パワーコンディショナー」があるからなんです。

集められた太陽の光は接続箱にまず送られます。

そこからパワーコンディショナーに送られ、そこで家庭で利用できる電気に変換されます。

太陽光発電のパネルで集められた直流電力はパワーコンディショナーによって交流電力に変換され、はじめて私たちの住宅で利用することができる電力となるのですね。

ただ構造的には、太陽電池がありパワーコンディショナーがあり・・・という単純な仕組みなんです。