太陽光発電の結晶型と薄膜型とは?

太陽光発電で利用する太陽電池にも種類があり、シリコンを利用したものと化合物系のものなどがあります。

一般的に家庭で利用されているものの多くは、シリコン型と呼ばれるもので、このシリコン型も、単結晶、多結晶、HIT、薄膜など型があります。

単結晶はシリコンが単結晶で構成され、多結晶よりも発電量が多いということが特徴。

多結晶は小さい粒の結晶が集められたもので、単結晶よりも発電量は劣りますが、値段が安くなります。

薄膜型シリコンにはアモルファスという非結晶のものがあります。

アモルファスと微結晶シリコンの2層構造になっています。

このアモルファスと単結晶の発電効率の良さを併せ持っているのがHITです。

太陽光発電で作った電気を住宅用で利用できるようにするためには、変換が必要になりますが、この変換効率がもっとも優れているのがHITです。

いつでも効率よく電気を作ることができるといわれています。