太陽光発電はなぜ発電する?

最近は多くの住宅の屋根に太陽光発電システムを見るようになりました。

パネルがずらっと並んでいて、それぞれの住宅でその形も様々です。

太陽の熱を元に電気を発電する?といわれても、なんとなく理解しているだけで、本当に深く理解されている方は少ないと思います。

太陽光発電は、太陽電池を利用して太陽の光を電気に変換しています。

屋根に乗っているパネル、あれが太陽電池です。

この太陽電池はシリコンや半導体などによって作られています。

異なる種類の半導体が重ね合わさるように作られており、ここに太陽の光が当たることで「プラスとマイナス」の粒子が引き寄せられます。

異なるシリコン半導体はp型とn型。

プラス粒子はp型に引き寄せられ、マイナス粒子はn型に引き寄せられます。

太陽電池には表裏双方に電極があるため、そこからこの粒子を電気として取り出し、その後家庭で利用できる電気にするために、変換が行われ電気ができるのです。

さらに詳しく知利たい場合は、太陽光発電比較探検隊がおススメです。